もう楽しめる?1歳の子を連れてはじめての動物園に行ってみた




今はもう2歳になった娘ですが、0歳の間はどこに行くのも大荷物だし遠出なんてとてもじゃないけど出れませんでした。

でも1歳を超えるとだいぶお出かけやお散歩に慣れてきて「○○デビュー」みたいなことも増えていき、だんだんと週末のバリエーションも増えていきます。

そんな我が家が初めて動物園に行ったのは1歳3か月の頃で、その様子をレポします。

初めての動物園

1歳初めての動物園

初めての○○園系は動物園なのか水族館なのかで迷いましたが、旦那の実家が浜松方面だったという事で浜松市動物園に行ってきました。

正直キング オブ インドアの名を持つ私は空調管理された水族館の方が好きなんですが、娘の絵本に出てくるライオンさんやクマさんは動物園しか会えないので動物園を選択。

(水族館もこの後1歳半くらいで言ったんですが、とても食いつき良かったし快適でした。)

まだ言葉を話せない娘。はたして動物園を楽しめるのでしょうか。

玄関からフルテンション

動物園につくと、当り前ですが周りは小さな子供連れの家族がたくさん。

玄関にはおおきなゾウさんとライオンさんの絵が描いてあり、それを見て娘大興奮!

動物園にはふれあい動物コーナーみたいなのもあるので、娘が大好きなうさぎと触れ合う事もできるし俄然やる気が湧いてきます。

当時まだ立てなかった娘は、ベビーカーで入園。

いつもはベビーカーを嫌がる娘ですが、とりあえず入場の時はいい子に座ってくれました。

意外にも楽しそう!

1歳初めての動物園

結構ビビりな娘は動物を見たら怖がるだろうな…と思っていましたが、案外平気な様子で動物園を楽しんでくれました。

キリン

キリンはあまりの大きさに親の私もびっくりしましたが、隣にいたキリンの赤ちゃんがかわいくてかわいくて…

首が少し短くて、とてもチャーミングでした。娘は「わ!」と声を出して始終驚いた様子でした。

ゴールデンライオンタマリン

こんな名前ですが、ライオンではなくお猿さんの仲間です。

なんでもこの浜松市動物園でしか観られない珍しいお猿さんらしく、この動物園の目玉動物らしいのです

毛がホントに金髪で、とっても神々しい姿。

結構鳴き声がうるさくて娘が嫌がらないか心配でしたが、娘は不思議そうな顔でニコニコしていました。

ミーアキャット

今回タマリンよりもゾウさんよりも何よりも娘の心を射止めたのは、ミーアキャットでした。

浜松市動物園のミーアキャットは(冬だったからかもしれませんが)ぽてっと丸っこく、私が知ってるヒョロッとした姿ではありませんでした。

結構数もいたので集団生活が垣間見えて、みんなでコロコロ動く(しかしすばしっこい)姿に娘は大大感激!

飼いウサギと同じような見た目だったのが娘にとってよかったのかもしれません、とにかく横切る姿をキャッキャッ言いながら楽しんでいました。

ちなみに私はミーヤキャットと聞くと「恋のから騒ぎ」しか思い出せません…。世代かな。。

小さい子ならでは!展開

入場して40分くらい経ち、いよいよクマさんやライオンさんに会えるよ!!という頃に…

寝たよね。

確かに昼寝の時間だし、寝てくれて全然かまわないんだけど…まさかこの今から本番ですよ的なこのタイミングで…!!

いつも外出すると昼寝の時間が後ろにずれこむタイプの娘でしたが、初めて見るものが多くていろんな意味で感化されたのかいつもより1時間早く昼寝が始まってしまいました。

そしてお目当ての一つであった(最大のシャッターチャンスの)ふれあい動物コーナーも、寝てしまった為遊ぶことが出来ず。せっかくこの時間に合わせて待っていたのに…;;

まぁ悲しいけれど、それだけ騒いで楽しめたんだなと思って動物園を後にしました。

1歳でも十分動物園は楽しめました!

結局メイン周れてないじゃん!という声が聞こえそうですが、私が心配していたよりずっと動物園を楽しむことが出来ました。

うちの娘は歩くのが遅くて当時まだ歩けない状態での挑戦でしたが、歩ける子なら同じ1歳でももっと有意義に過ごせるんじゃないかと思います。

動物園に行ってからというもの、娘の中で「動物ブーム」がしばらく続きましてテレビや本屋さん、絵本などでとても楽しそうに動物を指さしていました。

こういうイベントが子供の知的好奇心を刺激するんだなぁと感心しますし、行ってよかったなと思います。

「動物園デビュー、いつ頃がいいかな?」と思っている方の参考になれば幸いです!

 

 

出産・育児についてやレポなど、子育て世代の気になることを記事にしていきます。

詳しいプロフィールはこちら