【不審者レポ⑦】空手習っててよかった!小さい頃習った護身術が私を守った。生きてるだけで幸せだとわかった事件からの学び




窓_002
窓_003
窓_004
窓_005
窓_006

警察のお世話になります

彼氏が通報してくれましたが、本人からの通報が出来るのであればという事で結局私からも110番警察。

ほどなくして、私の住むアパートのインターホンが鳴りました。

正直怖すぎてドア開けるのも怖かったんですが、カメラ付きインターホンだったので警察だという事が分かりドアを開けました。

てか、めっちゃ来る。

せいぜい2人くらい来てもらえるんかと思ってたし、事情聴いてもらって「ここらへんのパトロール増やしますね~」程度の対応だと思ってたんですが、白い巨塔かな?ってくらいゾロゾロ人が連なって私の狭いワンルームに入っていらっしゃいました。

ちょっと面食らう私。

まるで殺人現場

現場の説明をしながら、鑑識っぽい人が刑事ドラマで見るようなナンバープレートを立てていきます。

犯人ともみあいになった場所などにテープでマーキングされたり、写真をパシャパシャ取り出したり、家の外には「立ち入り禁止」のテープが張り巡らされていたり…

あっという間にドラマの殺人現場さながらの雰囲気。

おお、こんな風になっていくんだ。こんな大ごとなんだ。

こうなって初めて、自分の身に起きたことはただならぬ事件だったんだと気が付きます。

いつの間にケガ

遅れてやってきた刑事さんに挨拶をしていただき、状況報告を含む雑談。

刑事さん
オキさん、お怪我はないですか?
わたし
おかげさまで大丈夫です。

ちょっと首をはさみでつつかれただけなので…

そういいながら長い髪を寄せて首を触ると、びっくり。

なんと手にべっとり血が付いたのです!!!!

わたし
ち、

血ーーーー!!!

その血を見て、刑事さんも鑑識も顔色を変えて証拠写真撮影。

番号札もって、傷口を見えるように写真撮られます。まるで悪いことした人みたいな気分になります。

場所が場所なので血はべっとり出ていましたが、幸い傷口は浅く傷口は今はもう目立ちません。

生きているだけでありがたい

刑事さんたちは、若い女性が傷つけられてさぞつらかろうといろいろ慰めてくださったが、肝心の私は傷口自体はそこまでショックではありませんでした。

むしろつい30分前は「ここで死ぬのかもしれない」と思った自分なので、今生きていること自体、まだ信じられないくらい奇跡そのものだった。

今まで26年間生きてきて「生死」についてリアルに向き合ったことがなかった私だったので、生きているだけでこんなにラッキーなことはないと思えた。

その思いは数年たった今では日常的には忘れてしまうけれど、いろんな節目で私を律する指標になっている。

小さい頃の習い事が私を救った

刑事さん
それにしても、あの状況で女性が犯人に抵抗出来たのは素直に感心します。

なにか武道経験はありますか?

ないです!と即答するところでしたが、よく考えてたらあるかも…

わたし
一応5年くらいイヤイヤ空手に通ってました。

今の今まで忘れてましたが。

そうなんです、私の父が「子供達にはなにか武道を必ずさせたい」という思いがあり、私も一応空手を習っていたんです。

わたし
でも全然私強くなかったですよ。

それに不審者にだって、空手の技みたいなのは全く使ってないし…(ペンをぶっ刺しまくっただけ)

刑事さん
いえ、そういう強さじゃないんですよ。

武道経験ある人は、経験から自分から戦いに向かっていけるんですよ。

刑事さんの言葉を要約すると、最近の若い世代は小さい頃から誰かと争ったり殴り合ったり喧嘩したりしない。親にも叩かれたこともない人も多い。

それは時代の流れだから仕方がないんだけど、いざこうやってイレギュラーに戦わなきゃいけない状況に巻き込まれたときにせめて自分を守るための強さがほしい。

その点、武道をしていた人たちは武道の場で拳を入れることも拳を入れられることもたくさん経験している。

拳を向けられたら、拳で立ち向かう事を経験として持ってることはとても強い。

だからこういう非常時に、立ち向かおうと思える。…との事でした。

刑事さん
当時はイヤイヤだったろうけど、

それでも通わせてくれた親に感謝しなきゃね

人生はつながっている

刑事さんのその言葉がすごくストンと心に落ちて、私は感謝と共に不思議な感覚を覚えた。

小さい頃、毎週2回の空手の時間が大嫌いだった。(自分から空手を選んだのにw)

通ってたことも忘れてたくらい、今となっては「何の意味もなかった」様に見えた経験。

それが遠い未来である今の自分を救ってくれたのかもしれないと思うととても感慨深い。

長い人生ってつながっているんだと改めて感じた。

そして急展開

刑事さんとの話にジーンと来ていたら、事件は急展開しました。

刑事さん
この近くで犯人らしき人物が見つかったらしいので、一緒に確認してください!

窓から不審者レポの全編はこちらから!

窓から知らない人が入ってきた話 その1
窓から知らない人が入ってきた話 その2
窓から知らない人が入ってきた話 その3
窓から知らない人が入ってきた話 その4
窓から知らない人が入ってきた話 その5
窓から知らない人が入ってきた話 その6
窓から知らない人が入ってきた話 その7←今ココ
窓から知らない人が入ってきた話 その8
窓から知らない人が入ってきた話 その9
窓から知らない人が入ってきた話 その10
窓から知らない人が入ってきた話 その11
窓から知らない人が入ってきた話 その12




1 個のコメント

  • エイコさん、こんにちは!
    Twitterで窓から不審者の経験談読みました。
    書いてくださりありがとうございますm(__)m
    本当はTwitterでコメントしたかったのですが、「Twitter上では書きたくない、だけどエイコさんには伝わる形で書きたい」と思ったのでここのコメントに書きます。

    >武道経験ある人は、経験から自分から戦いに向かっていけるんですよ。

    これは本当にそうです。
    私も武道をやっていて、稽古時先輩 (袴履き) の方に「思いっきり来ていいから」と言われつつも
    「私ごときが本気でかかっても先輩はほとんどノーダメージなのはわかっているけれども、万が一怪我させてしまったらと考えたら怖い」という理由で本気で行けたことが皆無です。
    (今でも本気で行くことはできません)

    そして休憩中は先輩が道場の棒? 円柱みたいなマット? みたいなのを自主トレで蹴ったりしているのを「かっこいいなあ」と思いつつ眺めていました。
    (でも私はやらない。ちなみに私の道場は蹴り技の練習がないので、自分から練習しないかぎり蹴る力はつかない。。。と思っていました。あのころは。)

    そんな私ですが、結婚して喧嘩したときに身の危険を感じて、元主人を思いっきり蹴倒しましたw
    とってもきれいに決まりました。
    えぇ、私はこれまでまともに蹴る練習はしたことはなくただ見ていただけだったのですが、それでも予想以上の威力でした(゚д゚)
    エイコさんの漫画を見て、「ああ、あのときの力の発揮具合は、曲がりなりにも武道を習っているからなのか」と納得しました。

    ありがとうございました(≧▽≦)

  • Yuuri にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です