【入院レポ①】突発性発疹?元気が取り柄の1歳の娘が突然の高熱。病院の対応と母の直感。





Splitted Image 1-1
Splitted Image 1-2

Splitted Image 1-4
Splitted Image 0-0
Splitted Image 0-1
Splitted Image 0-2

Splitted Image 0-4

健康体だった娘の高熱

娘が1歳になってすぐの話。

熱一つ出さなかった娘が、突然40℃の高熱をだした

朝から吐き続け、水を飲めばまた吐いてしまうので水分補給さえ困難な状況。

これまで一度も熱を出したことがない娘だったので「突発性発疹」だろうとは思いつつも、心配。

病院に行くも、伝わらず

心配になって病院に行ったけど、応えは「よくある風邪か、突発でしょう」との事。

その言葉に少し安心し、「過剰に心配しすぎかな」と、気をなだめる。

というか、無理やりそう思おうとした。

しかし翌日になっても治るどころかひどくなる一方。

嘔吐もどんどん回数が増し、なんと24時間で9回も吐いた。

セカンドオピニオン

あまりに辛そうで、昨日とは違う病院へ。

せめて点滴でも打ってくれたら…と思い行ってみたが、回答は昨日と同じ。

まぁ、確かにそうとしか言えないのかもしれないけどね…

ただ、なにか検査をしてくれたら心が落ち着いたのかもしれない。

点滴でもしてくれたら、少しは安心できたかもしれない。

大げさかもしれないけど、この子を毎日見ている私から見てもこの日の娘は異常だった。

この時もっと、先生にそれを伝えたら何か変わっていたんだろうか。

旦那のあほたれ

なんの答えもないまま、帰宅。

帰ってきた旦那に報告し、共に心配した。

はずが。

旦那「じゃあこれから実家のお祭りいってくるわ」

は?


なにいってんのこれ。

 

確かに前からこの日は祭りに家族3人で行く予定になってはいたけど、こんな状態で私と娘を置いてあんたは祭りにいくんかい。

というかよく行けるもんだ、私は普通に心配すぎて娘から片時も離れたくないというのに

心配すぎる状況とは裏腹に、全く危機感のない旦那。

それでも行くのは旦那の中で決定事項の様で、あほらしくて真剣に止める気にもなりませんでした。

もう勝手に行ってくれ。居てもかわらんわ、こんなのなら。

そう思って迎えた二人の夜。

まさか翌日、大変なことになるなんてその時はわからなかった。

娘の入院レポの全編はこちらから!

[入院1]娘が高熱で搬送された話 ~わかってもらえぬ異常~←今ココ
[入院2]娘が高熱で搬送された話 ~信じられない光景~
[入院3]娘が高熱で搬送された話 ~考えてはいけないこと~
[入院4]娘が高熱で搬送された話 ~更なる苦痛~
[入院5]娘が高熱で搬送された話 ~熱性けいれんじゃない?!~
[入院6]娘が高熱で搬送された話 ~まさかの病名~
[入院7]娘が高熱で搬送された話 ~入院生活と疲れ~
[入院8]娘が高熱で搬送された話 ~溜まり溜まったストレス~
[入院9]娘が高熱で搬送された話 ~髄膜炎の原因~
[入院10]娘が高熱で搬送された話 ~忘れないように~
[入院11]娘が高熱で搬送された話 ~後日談 前編~
[入院12]娘が高熱で搬送された話 ~後日談 中編~
[入院13]娘が高熱で搬送された話 ~後日談 後編~

出産・育児についてやレポなど、子育て世代の気になることを記事にしていきます。

詳しいプロフィールはこちら




2 件のコメント

  • はじめまして、27歳の女性です。
    私も3歳の頃、おたふく風邪?か何かの注射のせいで髄膜炎になり、6日間目が覚めなかった経験があります。
    オキさんの漫画を見てとても人事だと思えずにコメントしてしましました…。
    父親からオキさんのお話と同じような流れで発症して髄膜をとった話を聞きました(笑)

    今、私は風邪も全然引かなく、大きな病気もなく元気ですごしてます!
    これからも大変なこととかあると思いますが、
    今となっては私の病気も笑い話とか思い出話になってるので無理せずにオキさんも元気で居てください
    語彙力が弱くて申し訳ありません、、、

    これからも応援しています!!

    • コメントありがとうございます!
      わざわざブログまで来て頂いて…とてもありがたいです。

      それはそれは大変でしたね…
      ゆらさんは勿論のこと、ご両親もホントに心配で大変な6日間だったと思います。
      ホントに今元気で良かった…私も失礼ながら自分の未来の娘に会えた気分でほろりときました。
      元気でいてくれて、生きてくれてありがとうございます。
      ゆらさんのお母さんも、きっと同じ気持ちだと思います。

      長いのに読んでいただき、ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です