【入院レポ⑨】衝撃の髄膜炎!原因は子供なら誰もがする○○が原因だった…!ママなら絶対知ってほしい予防接種の副作用と予防接種の大切さ




Splitted Image 1-0
Splitted Image 1-1

Splitted Image 1-3
Splitted Image 1-4

Splitted Image 0-1
Splitted Image 0-4
Splitted Image 0-2

衝撃!髄膜の原因

あくる日、先生からまさかの言葉が。

医師
ハナちゃんの髄膜炎の原因がわかりました

突然のことでびっくりしました。だって病気の原因なんてわかるわけないと思っていたから。

どこかでなにかの菌を拾ってきたんだなくらいにしか思っていませんでしたが、先生から聞かされたのは衝撃な原因でした。

医師
ハナちゃんの髄膜炎は、3週間前に打ったおたふく風邪の予防接種が原因です。

おたふく風邪の予防接種

ちょ、まって。

予防接種が原因??

わたし
娘を守るために受けた予防接種が原因で髄膜炎になるなんて、そんな話あるんですか…?!
医師
残念ながら数千人に1人の確率で、予防接種から発症するケースがあります。

す、数千人に一人…それにうちの子が当たったのか・・・。(宝くじは当たらないのに)

先生によると、おたふく風邪の予防接種は髄膜炎を発症するまでに16日前後かかるらしい。

母子手帳みると、超絶ビンゴでした。

受けない方がよかったの?

数ある予防接種ですが、今回のおたふく風邪は任意接種。希望者が有料で接種するものです。

受ける・受けないは、母親の判断にまかせられています。

だからこそ、「こんなつらい思いをさせるなら、受けない方がよかったんだろうか」と心配になりました。

先生にその通りに質問すると、頼もしい返事が返ってきました。

予防接種に守られた命

わたし
娘を守るために受けた予防接種で髄膜炎になるなんて…。

先生、うちの娘は予防接種受けない方がよかったんでしょうか…?

医師
それは違います、おかあさん。

むしろ未接種でおたふく風邪になった場合、もっと大変なことになっていたかもしれません

先生の話を要約すると、予防接種とは本来のウィルスを弱体化させたもの(ワクチン)をあらかじめ身体に取り込んで抗体をつくらせる仕組みの為、時にその弱体したウイルスが悪さをすることがあるようです。(娘のケース)

でもそれは弱体化されたウイルスなので、軽症で済むことがほとんど。

むしろ接種せずに本物のおたふく風邪に罹った場合、髄膜炎になる可能性は100人に1人と高く、今回に比べて重症化するケースも多くみられるとの事。

先生のわかりやすい説明で、理解力ゼロな私もすんなりと納得することが出来ました。

 

医師
だからハナちゃんは予防接種に守られたと言えると思います。

お母さんは何も間違っていませんよ、安心してください

 

その言葉で、私がどれだけ救われたかわかりません。

なってしまったことより、今無事に娘が生きていることに喜ぼうと思いました。

先生には今も感謝しかありません。

娘の入院レポの全編はこちらから!

[入院1]娘が高熱で搬送された話 ~わかってもらえぬ異常~
[入院2]娘が高熱で搬送された話 ~信じられない光景~
[入院3]娘が高熱で搬送された話 ~考えてはいけないこと~
[入院4]娘が高熱で搬送された話 ~更なる苦痛~
[入院5]娘が高熱で搬送された話 ~熱性けいれんじゃない?!~
[入院6]娘が高熱で搬送された話 ~まさかの病名~
[入院7]娘が高熱で搬送された話 ~入院生活と疲れ~
[入院8]娘が高熱で搬送された話 ~溜まり溜まったストレス~
[入院9]娘が高熱で搬送された話 ~髄膜炎の原因~←今ココ
[入院10]娘が高熱で搬送された話 ~忘れないように~
[入院11]娘が高熱で搬送された話 ~後日談 前編~
[入院12]娘が高熱で搬送された話 ~後日談 中編~
[入院13]娘が高熱で搬送された話 ~後日談 後編~

出産・育児についてやレポなど、子育て世代の気になることを記事にしていきます。

詳しいプロフィールはこちら