【大阪のおかん②】よそとは違う?!大阪のノリで早くもカルチャーショック!保育園児の苦悩




生まれてから3歳までは保育園などに行かず家で育った私は、大阪の母の影響を受けまくって育ちました。

言葉はもちろん、関西のノリや言い回しが染み込んでしまっていた私は、まさか家を一歩出ればそれが浮いているなんて思いもしませんでした。

そして3歳、保育園に入園。

忘れもしません、入園初日から待っていたのは

「エイコちゃん、言葉が変」

そうです、私は初日に指摘されてしまうほど周りと違う言語をしゃべっていたのです。

しかも喋り方意外にも、なんか色々違う…みんなお嬢さんっぽい…!

で、「笑いに走る」事の重要さがずれた世界。

家では面白いことしたらめちゃくちゃ笑ってもらえるのに、下界(?)ではしらーっとした目でみられるなんてこともしばしば…

こうして私の小さなずれた社会は始まりました。

つづく